当社について ABOUT US

代表からのご挨拶

代表からのご挨拶

三井物産株式会社の合成樹脂部門に永年勤続したのち、1961年に父が創業した当社を引き継ぎ、
「子宮頸がん自己採取器具」の開発・販売会社として改組しました。

私は妻を乳がんで亡くし、また私自身も完治はしましたが、前立腺がんに罹患した経験があります。

そこで痛感したのは【がん治療は「早期発見」が
何よりも重要である】ということです。

公益社団法人日本産婦人科学会によると、日本では毎年約20,000人の女性が子宮頸がんにかかり、
約3,000人が死亡していることが判明しています。

病院で検査を受ける恥ずかしさや不安・恐怖、日々の多忙などの理由から、検査を受けることに抵抗を
感じ、結果発見が遅れる方も少なくないようです。

こうした背景から、当社は45年間に渡る販売実績が有る「子宮頸がん検査用加藤式自己擦過法器具」に加え、今般好きなときに好きな場所で検査が行える【自己採取器具】による検査キット【セルソフト検査
キット】の販売を開始致しました。

尚、当社は【子宮頸がん検査用加藤式自己擦過法
器具】に加え、より女性の体に優しい検査器具
「セルソフト®」も開発中です。

今後は、「子宮頸がん検査用加藤式自己擦過法器具」と現在開発中の「セルソフト®」を加えた
総合自己採取器具販売会社として、全国有数の医療器具・容器メーカーである大成化工株式会社/
大成メディカル株式会社様、卓越した検査実績を
誇るアイ・ラボCytoSTD研究所様と共に、加藤式
擦過法器具を用いた自己採取法の継承と普及活動及び検査キット【セルソフト検査キット】の販売を
行って参ります。

合言葉は【命はもとより、子宮も守りましょう】です。

私たちの活動が、子宮頸がん・HPV・STD
(性感染症)に関心を持つきっかけとなり、
より検査が身近なものになればと願っております。

代表取締役 𠮷田 勝彦





  • 子宮頸がんは「防げる」
    検査による早期発見が重要

    子宮頸がんの主な原因は、ハイリスク型のHPV感染だと言われています。HPVに関しては現在さまざまな予防手段があり、たとえばワクチン接種や持続感染防止のための定期検診、細胞診検査などがあげられます。これらの対策を取ることで、子宮頸がんになるリスクを大幅に軽減することができます。

    しかし日本の子宮頸がんの定期検診受診率は、先進国最下位の42.1%。そのうえ、もっとも検査を受けるべき20代女性は、わずか22.2%しか検査を受けていないのが現状です。

    子宮頸がんは、防げるがんです。自主的に定期検査を受けて、命だけでなく大切な子宮を守りましょう。

  • 簡単3ステップで
    お申し込み完了

    お申し込みから検査結果が出るまでは、たったの3ステップです。

    1. ご自身のタイミングで自己採取する
    2. お申込書を記入し、検査キットを同封のうえ郵送する
    3. WEB上で検査結果をチェックする

    病院に行かずに検査を受けられるため、周りの目を気にすることはありません。忙しい方もご自身のライフスタイルに合わせて検査を受けられます。

  • 日本性感染症学会認定士在籍
    無料の電話相談を受付中

    がん検査の自己採取器具、および、検査キットにはさまざまな種類があります。それゆえ、HPV感染や性感染症においてご自身に当てはまる症状や不安な行為があっても、適切な検査キットを選ぶことができなかったり、あるいは不安のあまり検査を受けられなかったりするケースが少なくありません。

    当社提携先には、臨床検査技師、細胞検査士、日本性感染症学会認定士の資格を持つ相談員が在籍しています。検査キットの購入前から無料で電話相談を受け付けていますので、「どの検査キットを選ぶべきかわからない」など、疑問や不安を気兼ねなくご相談いただけます。

吉田興産株式会社

住所
〒565-0811
大阪府吹田市千里丘上15-15
電話番号
06-6878-2300

メールアドレス
k-yoshida0210@outlook.com
大切な贈り物心を込めて包装します